​ご挨拶

子ども時代の今を生きる

― 生きる力としての原風景 ― 

園長挨拶.png

2018 海の保育園

 誰でも大人になってから、思い出す子ども時代の風景があります。それは、ふるさとの情景で、子どもの頃、そこで遊んだ小さい生き物たちのいる場所です。その背景としての空や海、森や川、山や雲などがあります。そしてそこに遊んでいる自分がいます。遊びに熱中し、精神が高揚するとき、心の底から楽しんでいるとき、また、ゆったりとしているとき、そうした体験が原風景となっていきます。そんな体験を思いだすことにより、安心したり力づけられたりします。 

 児童文学者の古田足日氏は、そのような風景を「安らぎの原風景」と言っています。そしてそれは生きる力となるものです。